税金、会計、融資等に関する記事はこちら!

   

咲き続ければ、いつかは気づかれる

 

この記事を書いている人 - WRITER -


横浜の税理士。お金、投資、考え方だけでなく、国内旅行、海外旅行、クロスカブ、マラソン、トレラン、カレーなんかについても書いてます。会計、税金、融資等の本業に関する記事はコチラ

さいとうやすゆき

実家の裏庭に見たことのない赤い花が咲いていました。

ブラシノキ

気になるので調べてみた。赤い花の名はブラシノキ、オーストラリア原産の5〜6月に咲く植物とのこと。

ブラシノキ(学名:Callistemon speciosus)は、フトモモ科ブラシノキ属の常緑小高木。別名、カリステモン(本来は属名のラテン名である)、ハナマキ(花槙)、キンポウジュ(金宝樹)。 学名のカリステモンはギリシャ語で「美しい雄しべ」という意味

(Wikipediaより)

まあ、確かにその姿はコップを洗うブラシのよう。なんのひねりのない名前とも言えますけど。

 

むかしから咲いていた

私は今年はじめて見ましたが、母親によると「むかしから咲いてたよ」とのこと。

「そんなのあったっけか!?」と、近くでブラシノキをしばし観察。なるほど、背の高い植物で幹はかなり立派。

私が知らなかっただけで、確かにブラシノキはそこでむかしから咲いていたようです。

 

継続は力なり

ブラシノキは独特の形の赤い花。目立つ存在と言えるでしょう。

ところが裏庭で咲いていたので、しばらくその存在に気づかれなかった。でも地道に咲き続けた結果、ついに私に気づかれた。

まあ、ブラシノキが気づかれたいと思うかは疑問ですが、地道に咲き続けてだれかの目にとまったのは事実。

「継続は力なり」だな、変に関心してしまったのでした。

 

むすび

ブログは、地道なアウトプットの連続です。ブラシノキを見習って、お役にたてるような記事を地道に書き続けていきたいと思います。

 

【お知らせ】

齋藤泰行税理士事務所のWeb(ホームページ)はコチラ

http://saito-tax.com/

齋藤泰行税理士事務所のサービスメニューはコチラ

http://saito-tax.com/servicemenu/

税務顧問、税務相談、クラウド会計導入などのお問い合わせはコチラ

http://saito-tax.com/contact/

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -