Live every moment, Laugh every day, Love beyond words.

税金、会計、税務調査、融資、キャッシュフロー経営等に関する記事はこちら!

個人の節税対策はお早めに!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

(Vol. 834/1000)

 

12月中旬になりました。

 

個人の節税は、
そろそろ手を打たないと
間に合いません。

 

まずは、2019年中に
株の譲渡益や配当がある方。

 

所有株の中で含み損を
抱えている銘柄があれば、
売却して譲渡損を出せば
株の譲渡益や配当と相殺できます。

 

同じ特定口座内なら
証券会社が自動で
還付計算してくれますし、
複数の口座にまたぐ場合は
所得税の確定申告をすれば
還付を受けることができます。

 

注意すべきは、
「いつまでが年内取引になるか」
ですね。

 

年内に約定しても、
受け渡しが来年の場合、
税制上は2020年の取引
となるからです。

 

ご参考までに、
SBI証券のサイトでは
次のようにありますね。

 

Q)
税制上、2019年の国内株式の最終取引日はいつですか?

 

A)
税制上では、受渡日ベースで1月1日~12月31日を1年として考えます。そのため、2019年の最終取引日となるのは、以下の通りです。

 

■取引所取引、およびPTS取引デイタイム・セッションでのお取引
約定日:12月26日(木)
受渡日:12月30日(月)

 

■PTS取引ナイトタイム・セッションでのお取引
約定日:12月25日(水)
受渡日:12月30日(月)

 

<ご注意事項>
・特定口座では、受渡日ベースで損益を計算いたします。
・一般口座では、確定申告の際に、約定日ベースでの計算が可能な場合もあるようです。詳細につきましては所轄の税務署にご確認ください。

 

ちなみに、NISAやつみたてNISAの
年間枠の期限も同じなので、
枠を使い切りたい方も
早めに注文をしましょう。

 

あと、
ふるさと納税ですね。

 

ふるさと納税は、
厳密にいえば
節税ではありませんが。

 

ふるさと納税は
クレジットカード決済ならば、
12月31日まで
2019年度で対応できます。

 

所得に応じたふるさと納税の
控除限度額があるので、
そこは注意が必要ですね。

 

いづれにしても
期限があることなので、
早めに対策を決めましょうね。

 

本日も最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。

税理士 / キャッシュフローコーチ
齋藤泰行(さいとうやすゆき)
URL   :https://saito-tax.com/
メール:info@saito-tax.com

 

【お知らせ】

齋藤泰行税理士事務所のWeb(ホームページ)はコチラ

https://saito-tax.com/

齋藤泰行税理士事務所のサービスメニューはコチラ

https://saito-tax.com/servicemenu/

税務顧問、税務調査、クラウド会計導入などのお問い合わせはコチラ

https://saito-tax.com/contact/

この記事を書いている人 - WRITER -

この記事を書いている人 - WRITER -


横浜の税理士。お金、投資、考え方だけでなく、国内旅行、海外旅行、クロスカブ、マラソン、トレラン、カレーなんかについても書いてます。会計、税金、融資等の本業に関する記事はコチラ

さいとうやすゆき

Copyright© 3L Blog 〜 備忘録&雑記 , 2019 All Rights Reserved.